社会福祉法人 和光会 梅林園

  • 盆法要

     毎年、お盆には欠かさず、父「正信」と猫「ピーコ」の

    お墓参りに行く行事委員の叶です。

    image

    image

     梅林園の盆法要が行われました。コロナ禍の中一堂に会

    する事が難しく、お坊さん不在のまま去年は行いましたが

    、巡回にて園内を回って下さるという事で、今年はお坊さ

    んをお招きして、利用者の皆さんにお焼香をして貰いまし

    た。

    image

    image

     お坊さんの説法の中で「和顔愛語(わげんあいご)」と

    いう素敵な言葉が出てきました。

    穏やかな顔と思いやりの言葉で人に接すると言う意味との

    事で、利用者の皆様もうなずかれたり、自分のノートに書

    き写したりで耳を傾かれていました。

    image

    image

     まだまだ、コロナには注意をしなくてはいけませんが、

    盆法要をみなさんで行うことが出来て良かったです。

  • 令和4年7月誕生日会

     猫の入浴という夏限定のイベントを今年もやっと

    終わらせた行事委員の叶です。

    clip_image002

    clip_image004

     7月の誕生日会が行われ、今月も皆さんに心をこめ

    て一人一人お祝いをさせて頂きました。

     7月は、誕生月の利用者さんの数はそこまで多くは

    無いですが、梅林園に入園して初めての誕生月を過ご

    す方が多く、自画像のプレゼント等を貰ってとても喜

    んでくださりました(^^)/♪

    clip_image006

    clip_image008 

     今月の歌の「うみ」を歌ったり、今月のお誕生日ケ

    ーキの「チーズケーキ」を召し上がられたりと楽しい

    一日を過ごすことが出来て良かったです♡

     7月生まれの方本当におめでとうございます。

    clip_image010

  • 「納得できない他オムニバス」

    介護職(男性)が日々感じた事を話す、略して「介男話」です。

    もう、すっかりおなじみの(そうなのか?)委員会で配布したコラム紹介。

    今回は心理学用語の説明をしつつ、オムニバス形式で書いてみました。

    ひまつぶしにどうぞ♡

    委員会が始まるまでの暇つぶしコラム

        『納得出来ない』

    「ちょっと!父ちゃんに見てもらった宿題、間違えてる所あったよ!!」

    何!?そんなハズはない!小学生の算数でしょ?

    間違えてる訳がない、ドコ?見せて!!

    “タカシ君は300円持っています。お店で120円のパンを買いました。

    おつりはいくらでしょう。”   答え80円 ×

    なんでやねん!!80円でしょ!!

    120円の物を買うのに300円出す!?

    200円出しておつりを80円受け取るでしょ!

    というか10円玉30枚もってたらおつりはないよ!!

    先生はこの80円という解答を見て、

    そのパラドックスに気が付いて丸にするべきだ。

    納得出来ない。


        『ベイカーベイカーパラドックス』

    これは父ちゃん間違ってないで。

    先生が間違えてる!えーっと先生の名前なんだっけ…

    あのホラッ、ヌーッとした大学生みたいな…

    ロン毛で…ホラ…えーっと、、、

    というように、周辺の事は憶えているのに

    肝心な名前が出て来ない時ってありますよね。

    こういうのを「ベイカーベイカーパラドックス」と言います。

    ベイカー(パン屋)という事は思い出せるのに、

    ベイカーという名前が出て来ないというジョークみたいな事に由来しています。

    人は視覚から得る情報量が多いから、こういう事が起こるそうです。

    あぁ◯◯先生だ!!

    「違うよそれは去年の担任の先生!

    もうとっくに変わってるよ!!」

    そうか、あの先生去年か…

    早えーなぁ…

    「父ちゃんいきなりしんみりすんジャネー!!」


       『ジャネーの法則』

    歳を取ると月日が経つのが早く感じますよね。

    そりゃそうですよ。だって50歳の人間にとって

    1年は50分の1程だけど、5歳児にとっては

    5分の1に相当する訳で、つまり、

    5歳児の1年は50歳の10年な訳ですから、

    5歳児が1日過ぎると50歳は10日過ぎているのです。

    あくまでも主観的に記憶される月日の経過に対する事だけど、

    こういうのを「ジャネーの法則」と言います。

    「いつまで遊んでるの!!300-120でしょ!!

    サッサとして家の事手伝って!!」

    嫁の怒りの声が家中にエコーした…


       『エコーチェンバー現象』

    いやいやちょっと僕の話を聞いてくれ…

    「アラ本当、問題おかしいわね」…でしょ!!

    「じゃぁ先生が間違ってるんだね」

    「先生間違い…」

    という様に、閉鎖的空間内でコミュニケーションを

    くり返す事によって特定の信念等が増幅してしまう事を

    「エコーチェンバー現象」と言います。

    ネットの掲示板とかに同じ考えの人が集まって

    書き込みしている内に「この考えこそ正義だ」

    みたいになっていく現象で、同じ職種で転職した時、

    以前の所でしていた事と比較してしまって、

    以前の所のやり方が正しいと思ってしまうのも、

    エコーチェンバー現象な訳です。

    『納得してしまった』

    「じゃぁ宿題終わったんなら家の事手伝って!!洗濯物たたんで!」

    「ママ、ちょっと待って、それはおかしいよ。

    父ちゃんは外に出て働いてお金をもらってくるのが仕事でしょ。

    私は学校に行って勉強してくるのが仕事。

    ママは家で家事をするのが仕事でしょ。

    ママは私の学校に行って勉強する仕事を手伝ってくれないのに、

    なんで私はママの仕事を手伝うの?これはおかしいよ」

    …うん、このヘリクツ具合は完全に僕の子供だ。

    小学校の頃、国語のテストで

    「文章を読んでこの作者の考えを書きなさい」という問題に、

    「毎日一緒に暮らしている母親の考えも解らないのに、

    この文章だけでその人の考えが解る訳がない」と

    解答した事を思い出した…

    「父ちゃん!!ウンチとおしっこ一緒に出せない!!

    どっちもしたい時一緒に出そうとしても、

    絶対に先にウンチが出てその後おしっこが出る!!新発見!!」

    …うん、こっち(次女)も僕の子だね…ハハハ…納得…

    「ダニング・クルーガー効果」にならない様に気を付けよ…

    ~この後、嫁さんの怒りが爆発したのは言うまでもなかった~

                     (おしまい)

  • 暑さを吹っ飛ばせ!!!

     皆さんこんにちは、栄養管理部のご飯うまい丸で

    す。お久しぶりです(^∀^*)

     梅雨が明けたのに、じめじめ暑い日が続いていま

    すね。

     ご飯うまい丸は早くも夏バテぎみですが、皆さん

    体調いかがですか?7月14日にお菓子の日がありま

    した。

     じめじめした暑さも吹っ飛びそうなカラフルなポ

    ッピングゼリーを作りました。

     ご利用者様に目でも楽しんで頂けたと思います♪

     味もさっぱりとしていて、いまの季節にピッタリ

    です。

    image

     これからもいろいろ工夫して、ご利用者様に楽し

    んで頂けるデザートを栄養管理部の皆で作っていき

    たいと思います(^^)/

  • 「残42」

    介護職(男性)が日々感じた事を話す、略して「介男話」です。

    今回も委員会で配布したコラムなんですが、

    3年前位のコラムなので、当時は「残42」ですが、

    もう「残30」位ですし、それもコロナがあって不透明です。

    ひまつぶしにどうぞ♡

    委員会が始まるまでの暇つぶしコラム

          『残42』

     僕の母は千葉、姉は東京、妹は埼玉、

    そして父は北海道でそれぞれ暮らしているので、

    日頃会う事が殆どなく、盆、正月と年1回の

    家族旅行の3回は必ず会おうと決めている。

    両親は決して夫婦仲が悪い訳ではなく、

    父は道楽で1人北海道で暮らしているのだが、

    今回はそんな父の話。

    父は…というかどこもそうだと思いますが、

    孫に会うと「しばらく見ない間に大きくなったな-」

    と毎回言う。そんな父に僕も思う事がある。

    それは、会う度に父が「じじい」になっているのだ。

    ちょっと大きめの皿を取る時、

    手がプルプル震えているのを見て

    「じじいになったなー」と思う。

    おもちゃの電池を交換しようとして

    全身全霊で蓋を開けようとしていて「じじいになったなー」と思う。

    「漏れるー」とか言ってトイレに行っているのに

    ドアの向こうからは「チョロロ…チョロロ…」と音がしてきて

    「じじいになったなー」と思う。

    「デコ(母の意)と2人から始まった家族が今や12人になった…」

    と顔をクシャクシャにして泣いているのを見て

    「じじいになったなー」と思う。

    とにかく、めったに会わない分、

    いたる所で父のじじい化を感じるのだ。

    といっても昨年「古希」の祝をした年齢な訳で、

    江戸時代ならとっくに死んでいる年齢な訳ですから無理もない。

    そんな正真正銘、立派にじじいになった父を見て思う。

    仮に85歳まで生きるとして残り14年、

    年に3回会うから42回…

    普通にしていたら後42回しかじじい…

    あ、父に会わない事になる。たった42回だ。

    これはさすがに「まいる」がたまる。

    (解説:「僕のまいる気持ちが増えていく」と

    「北海道から来る父のマイルがたまる」をかけた

    高度なギャグである。)

    父は2年位前に軽い脳梗塞で倒れた事があり、

    医者から運動と水分と減酒を言われた為、

    姉が父に万歩計を渡し、毎日歩数を家族のグループラインで報告する

    ってしてたのだが、1日1万~1万5千歩位しか歩いておらず、

    ある日珍しく4万歩以上の日があり「頑張ったね」なんて返信したら

    「今日は頑張ってすすきのまで歩きました(^^)」って返ってきて

    「酒飲みに行っとるやないかーい」と

    家族全員でつっこんだりしています。

    “親不行をしないけど親孝行もしない”というモットーで

    反抗期も1週間で終わらせた僕にとって父は、

    子供の頃に遊んだ記憶が殆どなく、朝早く仕事に行き、

    夜遅く帰ってくるという思い出しかない。

    でも、僕の仕事に対する向き合い方は父の影響を受けており、

    父が何の為にそんな生活を送っていたのかが解るようになると、

    僕ら子供達と接する事が出来なかった父が、子育ても終わり、

    仕事も一線を退いた今、孫にたくさん食べて欲しくて

    手をプルプルさせながら皿を持っていたり、

    孫に良い所を見せようと必至におもちゃの電池交換をしていたり、

    トイレを我慢してまで孫の話に耳を傾けたり、

    そんな時間を過ごせる事を喜び、

    顔をクシャクシャにして泣いている姿を見ると、

    子供の頃の自分に対する少しの後悔と、

    これから先、もっともっとこんな時間を増やしたいし、

    ずっとずっと健康でいて欲しいと心から思う。

    「健康である」という事は本人の為だけでなく

    「健康であってほしい」という本人以外の家族や友人等、

    たくさんの人の為でもあると思う。

    普段の生活が見えず離れて生活しているとより強くそう思うのだろう。

    今日面会に来られたご家族様はあと何回、

    その利用者に会えるのだろうか?

    僕らが取り組む「健康管理」はそういった事も含めて行われるべきで、

    手洗いを行う事でさえ計り知れない物を守る事となるのだろう。

    ちなみに母は父が中村雅俊と同い年である事から、

    事あるごとに2人を比較して「こんな時、雅俊なら…」とか言うんだけど、

    お母さん、使い古したストッキングに玉ねぎ入れてベランダに吊るすの止めて。

    そんな事、雅俊ならしないから…

                           おしまい♡

「三つの基本理念」

「仁愛」

愛と正義の人道主義。人の生命、人格を最大の価値とする。
相互に人間として人格を認めた付き合い方を行うこと。
入居老人の方、及び職員同士が、互いに人格ある人間として
尊い、協力する心を持たねばならない。

「誠実」

誠実に介護、療養生活サービスを提供することにより、社会国家、
世界平和に貢献する。組織人としての自覚を持ち、自らの職務を
誠実に、且つ、礼儀正しく遂行せねばならない。

「研鑚」

科学的合理主義の考え方に立ち、社会心理背景、政治経済動向
を踏まえ、客観的合理性のある施策を行い、介護老人福祉施設と
しての自らのハードソフト両面の資質の向上に日々努めなければ
ならない。